豊川市・国府の市2019

愛知県豊川市国府町流霞 

取材2019/02/11(月)

 

■国府市の始まり

貞享2年(1685年)赤坂陣屋の代官だった国領半兵衛が家臣に命じて開かせた六斎市が、やがて歳の市となり現在まで続いている。現在は毎年2月11日(建国記念日)に開かれるようになった。国府観音寺境内には国府市の開祖と言われる片岡丈右衛門の供養塔と国府市開祖の灯篭がある。食べると夏病みをしないと言われている厄除け餅が名物である。