桜の花めぐり

桜の花図鑑

オオシマザクラ 大島桜 

桜の原種の一つ。

花期は3月から4月にかけて葉と同時に白色の花を咲かせ芳香がある。園芸品種の母種として使われソメイヨシノやカワヅザクラの片親である。


ヤマザクラ 山桜 

桜の原種の一つ。

日本の野生の桜の代表的な種。色は白色から淡紅色で開花と同時に葉も開き始める。


カンヒザクラ 寒緋桜 

桜の原種の一つ。

沖縄県の「桜」と言えば寒緋桜を指す。早咲きで有名なカワヅザクラ(河津桜)の片親でもある。


エドヒガン 江戸彼岸

桜の原種の一つ。花は薄紅色から白の一重咲で彼岸の頃に花を咲かせる。非常に長寿の桜で、神代桜や淡墨桜など多くの銘木がある。園芸品種の母種として使われソメイヨシノの片親としても知られる。


シダレザクラ 枝垂れ桜 

姥彼岸(江戸彼岸)の変種で枝が垂れ下がる。花は薄紅色から白の一重咲で彼岸の頃に花を咲かせる。


コヒガン 小彼岸 

エドヒガンとマメザクラの交雑種。

花期が早く、春の彼岸ごろには花が咲き始める。花は一重の薄い紅色でソメイヨシノよりも濃い。


ソメイヨシノ 染井吉野 

エドヒガン系とオオシマザクラの遺伝子的特徴をもつ。花色は咲き始めは淡紅色、満開になると白色に近づく。自ら増えることは無いため接ぎ木などで増やす。


オオカンザクラ 大寒桜 

早咲きのオオシマザクラとカンヒザクラの交配種。

一重咲きで淡紅色。ソメイヨシノよりも早く3月上旬頃。


カンザクラ 寒桜 

カンヒザクラとヤマザクラの雑種。一重咲きで淡紅色。ソメイヨシノよりも早く3月上旬頃。


オカメザクラ おかめ桜 

カンヒザクラとマメザクラの交配種。小輪の一重咲きで淡紅色。ソメイヨシノよりも早く3月上旬頃。


カワヅザクラ 河津桜 

オオシマザクラとカンヒザクラの自然交雑種

2月下旬から3月にかけて開花する早咲きで花色が濃い。


ヤエベニシダレ 八重紅枝垂 

エドヒガン系の園芸品種

小輪の八重咲きで濃い紅色。開花時期は3月後半。


ウコンザクラ 鬱金桜  

サトザクラ群の園芸品種

大輪の八重咲きでソメイヨシノより遅く咲く。花色は薄い緑色がかった淡い黄色の花を咲かせ別名「黄桜」ともいう。


ギョイコウ 御衣黄 

サトザクラ群の園芸品種

花期はソメイヨシノより遅く4月中旬頃。花は八重咲き。色は淡緑色で緑色の線が入る。散る頃には赤みが増してピンクになる。名前の由来は花色が貴族の衣服の萌黄色に似ているため


ヤエザクラ 八重桜

品種名カンザン 関山 

サトザクラ群の園芸品種

大輪の八重咲で花色が濃い。ソメイヨシノよりも遅く咲く。


ミッカビザクラ 三ヶ日桜

サトザクラ群の園芸品種

八重咲の大輪で三ヶ日町の川西凛衛邸に栽培されていたためカワニシザクラと呼ばれていたが1988年にミッカビザクラ(三ヶ日桜)と名付けられた。